顧問(学校長)挨拶

         有明高専校長 江﨑 尚和

平成31年4月に有明高専校長に就任いたしました。前任地は私自身の母校でもある鈴鹿高専です。高専教員になる以前は、やはり私の母校となる高専生の編入受け入れを目的に設立された豊橋技術科学大学で12 年間教官として勤務しておりました。鈴鹿での教員生活は25 年になりますが、合わせた37 年間、常に高専生あるいは全国から集まってきた高専卒業生の教育・研究指導に携わってきたことになります。

高専は平成16 年に法人化されて以降、毎年約1%の運営費交付金の削減が継続され、さらに今年度から教育体制整備として教員の定員削減が始まるなど、極めて厳しい状況に置かれています。そのような中、様々な工夫を凝らしながら教育の質を落とすことなく、卒業生の皆様が築き上げてきた有明高専の名声や伝統を守り続けることが新任校長の最大の使命と考えております。卒業生の皆様の熱い母校愛とご支援が私どもにとりまして最大の励みとなります。今後とも応援よろしくお願いいたします。